門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.06.07
歴史都市の知恵の蓄積と連携で、平和で輝かしい未来を!会長としてご挨拶。 第15回世界歴史都市会議が開幕。世界36都市(24ヵ国)が参加。@バート・イシュル

発足30年を迎える今回の会議には、幹事都市の西安、ウィーン、バララット、慶州、コンヤをはじめ、プラハ、ブタペスト、ルクソール、チェンマイなど多彩な顔ぶれがご参加。
テーマは「高度技術が息づく革新的かつ創造的な未来の歴史都市」。
世界に目を向ければ、紛争、環境破壊、格差、人権侵害などの深刻な問題が山積。歴史都市が率先して高度先進技術を創造、採用し、持続可能な社会の構築のため知恵や技術を共有。そうすることで、国の枠組みを超え新たな境地を切り拓き、世界平和と人々の幸せへの貢献を!市民交流の推進、異常気象等の環境問題の解決への共通した取り組みにつなげて行きたいと念願。歴史都市の叡智を結集し、有意義な会議にしていく決意を新たに。
エヴァ・ノボトニー オーストリア ユネスコ大使の基調講演。歴史・文化の継承と先進技術で明るい未来の実現について改めて決意。開催に情熱的にご尽力、いつも民族衣裳のハンス・ハイド バート・イシュル市長らに心から敬意と感謝。