門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.06.12
夜中まで、荷物を纏め、早朝、帰国この途に。皆さんありがとうございました!

あっと言う間の7日間。特にプラハの2日は超過密日程。友好を深め、中身の濃い20周年事業に!充実感と、快い疲れを感じつつ、訪問団の皆さんと帰国の途に。
世界歴史都市会議は、会長都市・京都として「世界の京都」の誇りと責務を改めて実感。又、参加各都市との友好の絆はより強固なものに。プラハでは、限られた時間の中で津田議長はじめ議員の先生方、多くの市民の皆さんと共に多彩な記念行事を開催。文化芸術の振興、景観、自然、環境の保全と活用、観光振興、交通政策、大学政策など多くのことを学び、有意義でした。お世話になった皆さんに心から感謝。
大きな成果を挙げられたのは、ボランティアでご参加いただいた市民交流団の皆さんのご活躍の賜物。今回の出張で得たものを、未来の京都のまちづくりにしっかりと活かしてまいります。深謝。