門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.11.28
仙台ご出身、イタリアを拠点にご活躍の世界的な彫刻家 武藤順九 先生と懇談。

東日本大震災復興プロジェクトにご尽力の武藤順九 先生。復興支援をメインコンセプトに掲げる京都マラソンでも、被災された方々や復興を願う全ての方の心の拠り所と計画されているモニュメント「サークルウインド(風の環)」のミニチュアをご提供いただくなど、多大のご尽力。
本日は、日本一の硯の産地である石巻市雄勝町の復興支援に向けた「my硯」運動のご報告も。雄勝の復興と「硯、墨、筆」に代表される日本古来の文化再考も兼ね、自分で硯の形を考え彫り、一生の記念にしようとするもの。素晴らしいお取組に感銘。
京都市では職員の被災地への派遣等、息の長い復興支援を行っているところ。武藤先生はじめ幅広い方々のご活動に力をいただきながら、引き続き、被災地の復興支援に向けて全力を尽くす決意を新たにしました。


今月の記事

アーカイブ