門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.01
日本映画発祥の地・京都ならでは!「日本映画の父・牧野省三」「日本映画最初の大スター・尾上松之助」を偲ぶ 日本映画120周年記念特別上映・講演会、中島監督の講演に感銘。立命館大学アートリサーチセンター

明治30年、木屋町・元立誠小学校の場所で日本で初めて試写実験が成功。京都は日本映画発祥の地!そして太秦を中心に「東洋のハリウッド」と称された「映画のまち・京都」。映画は総合芸術であり、京都の誇りです。今日、映画誕生120年記念の特別上映・講演会が開催。(NPO)京都映画倶楽部理事長の中島貞夫 監督の講演「創世記の京都映画を偲んで」。牧野省三監督、尾上松之助主演の「忠臣蔵」の上演などを、市民の皆さん、映画界、大学、宗教、経済団体等からお集まり。
また、立命館大アートリサーチセンターは、「日本文化資源デジタルアーカイブ研究拠点」として京都の豊富なコンテンツを保存し未来に継承する取組にご尽力。皆さんの高いお志に心から敬意。
これからも、共々に日本映画発祥の地、「映画のまち・京都」として京都の魅力を一層高めてまいります。感謝。


今月の記事

アーカイブ