門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.10
文明・哲学・テクノロジー・事業構想をキーワードに各界のリーダーが語り合う!地球未来シンポジウム2017「希望の探求」

環境問題はじめ持続可能社会の実現へ、社会事業に懸命に取り組まれているアミタホールディングス 熊野英介 会長らが実行委員会を結成され、「KYOTO+20」の関連事業として開催!
様々な価値観が揺らぎ、テクノロジーが急激に進歩、まさに文明の転換期とも言える現代において、京都から新たな時代の哲学・文明を創造し、発信していくべく、持続可能な循環型社会の実現、資本主義の未来、新たな価値を創出する事業のあり方などメッセージを発信。能楽師 安田登氏、松田一敬SARR代表、大室悦 賀 ソーシャルイノベーション研究所長、岡村充泰 信頼資本財団理事、深尾昌峰 地域創造資金理事長らご登壇の皆さんの熱意溢れるトークセッションを拝聴。未来を見据え、今努力することの大切さ、社会的課題への関心と解決への情熱、これらが希望に繋がることなど、皆さんから多くのことを学びました。共々に頑張 ります!
また、本日、熊野会長の(公財)信頼資本財団が児童福祉施設へご寄付を呼掛け、多くのご来場者の皆様にご協力いただきました。併せて深謝。