門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.21
京扇子の老舗・白竹堂さんが来年創業300年!お祝いメッセージを寄せさせて頂きました!10代目・山岡憲之代表と懇談

享保3年(1718年)、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の時代に「金屋孫兵衛」の屋号で西本願寺前に寺院用扇子の店を開業。明治以降は、一般用、贈答用の京扇子を製造販売され、近代日本画壇の巨匠・富岡鉄斎氏から「白竹堂」の屋号を贈られました。千年以上の歴史を誇る京扇子、貴族の間で用いられることで発展。涼しさを呼ぶ夏扇のほか、舞扇、能楽扇、飾扇、茶扇など、京都ならではの繊細で優雅な扇子の数々!これからも、京都・日本の伝統、文化の発信を共々に。感謝。


今月の記事

アーカイブ