門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.22
京都織物卸商業組合 野瀬兼治郎 理事長がお越しに。室町の今後について懇談。荒川㈱ 荒川慶一社長もご一緒です。

野瀬兼治郎 理事長を先頭に、京都が世界に誇る和装産業はじめ、繊維産業の振興のため、様々な事業に取り組んでいただいている織商の皆さん。野瀬理事長は京都商工会議所の副会頭としてもご活躍。京都百年の計「京都経済センター(仮称)」の開設に当たってもご尽力いただいています。感謝。
和装産業はなお厳しい状況ですが、若い方々のキモノへの関心の高まりなど明るい兆しも。京都市では和装文化を市独自の無形遺産に認定、11/15の「きものの日」や御用始めも着物を奨励するなど、皆さんと一緒に努力。京都の誇り・文化でもある和装産業をはじめとする地場産業の振興のため、今年もしっかり連携し て努力します。