門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.22
市庁舎整備工事に伴い教育委員会事務局が市役所から庁外へ仮移転。教育長室や総務課など懐かしい執務室を訪問。通常業務に励みながら、移転作業に追われる職員の皆さんを激励!

昭和2年に建築の市役所本庁舎。近代建築物として高い価値!しかし、耐震性能が極めて低く、狭く、執務室の分散化~庁外に借用のオフィスの家賃だけでも年間6億円~、施設の老朽化など多くの課題が~。庁外の民間ビル借用の解消など課題解決や防災拠点としての市庁舎の整備が急務!基本計画の下、耐震化や、議会スペース等の充実など、平成34年度の完了に向け整備を推進中。
さて、長年、市役所4階の教育委員会事務局が来週から烏丸御池の大同生命ビルへ。私も教委勤務当日、侃侃諤諤の議論を交わし、夜徹して教育の仕事、教育改革に明け暮れた日々が走馬灯のように思い出され、懐かしい気持ちに。