門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.31
市長室のお正月飾りに来年の干支・戌の瓦と鬼瓦ならぬ門川瓦(笑)京瓦の伝統を守り創造的にご活躍の浅田製瓦工場さんに心から感謝

飛鳥時代に日本に伝来した瓦は、長い間貴重なものとして社寺やお城など、限られた場所にしか~。そんな時代に東山・智積院の辺りから採れる粘土を用い、焼く前に磨くことで独特の光沢を誇ったのが「京瓦」。京都の伝統産業の一つです。手作りで京瓦を作る唯一の瓦工場・浅田製瓦工場。“磨き”などの伝統技法にこだわりながら、シルクスクリーンや3Dプリンターなど革新的技術で製品開発!私を瓦に仕上げて頂きました!感激です!
この瓦に負けず、いぶし銀の仕事が出来るよう(笑)、来年も頑張ります!深謝。


今月の記事

アーカイブ