門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.06.16
熊本に先ほど10時半に到着。被災地視察、大西熊本市長と今後の支援等の協議。そして、京都市職員等を激励。発災直後から今日まで京都市職員523人(実人員)を派遣。多くの市民ボランティアの方々も。尊い義援金等にも深謝。

救命救助、ヘリ、市立病院DMAT、保健師、災害廃棄物の収集運搬、給水、避難所運営、健康調査、栄養士、教師、要配慮者の介護士、上下水道給水菅等調査・修繕、建物・宅地危険度診断、罹災証明発行~などなど京都市の職員が活躍し続けてくれています。
また、献身的な市民ボランティアの皆さん、心のこもった義援金など京都市民の皆さんの支援に感謝。
発生から2箇月、被災地の今後の支援と、建物被害認定調査、特別支援学級運営補助などのため、現在京都市から派遣している職員激励のため熊本に。