門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.02.17
龍谷大学シンポ「日本料理のテロワール」 今年のテーマ、テロワールとは、産地の様々な環境の違いがもたらす影響~。全国の食材や料理からヒントを得て日本料理の発展に繋げます!

3年前、日本で35年振りに創設された龍谷大農学部。大変な人気!。同時に国際学部の創設など様々な改革が高く評価され、今日、龍谷大の応募者は大きく増加!さて龍谷大では「和食」の評価が高まる中、「おいしさ」を科学的に研究・分析し、「農」「健康」などにも活かすため「食の嗜好研究センター」を各界第一人者の参画で創設。
その研究成果を発表するシンポを今年もご開催。3年目です。日本料理アカデミー村田吉弘理事長(菊乃井主人)、栗栖正博 副理事長(たん熊北店主人)はじめ京都が誇る錚々たる料理人の皆さんらによる見事なプレゼン。また、伏木亨教授、山崎英恵 准教授らの発表など、その成果に感銘。入澤崇学長はじめ関係者の皆さんに敬意と感謝。