門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.11
祝70周年!京都ユネスコ協会 記念市民シンポジウムで「「平和と文化」文化庁移転と明治150年」と題して講演させて頂きました。

発展途上国の教育支援、文化財や自然・環境の保護など高い志と尊い実践でご活動を続けてこられた、京都ユネスコ協会の皆さん。私も顧問を務めさせていただいています。
本日のテーマは「「平和の砦」を見つめる現代」!今年は、明治150年、世界文化自由都市宣言40年の節目の年。「文化こそ平和の安全装置」!これをキーワードに、京都に息づく衣食住に根ざす生活文化、地域の絆、自然との共生など京都の最大の強みである文化力を発揮し、文化で世界から尊敬される都市を目指して全力を尽くしていくことなどお話しさせて頂きました。
また、山田能裕 比叡山瑞応院住職、田中勝 京都造形芸術大学准教授、同志社大の高橋花音さん、相大二郎 京都ユネスコ協会会長、松浦三郎 学習評価研究所所長らによるパネルディスカッションでも文化と教育の大切さを力強く発信頂きました。敬意と感謝。