門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.19
垣内氏の講演に改めて感銘!誰もが暮らしやすい社会を目指して 「ユニバーサルデザイン京都フォーラム2018」。

他都市に先駆け、本市では、平成17年4月に条例を制定して以来、「みやこユニバーサルデザイン」の取組を推進。「手話言語条例」の施行、ヒアリングループの全区役所・支所へ配置。また、四条通の歩道拡幅でも、車椅子の方に歩きやすくなったというお声も頂いています。
本日のフォーラムでは、㈱ミライロ 垣内俊哉 代表のご講演「2020年に求められるユニバーサルマナー~障害者や高齢者との向き合い方~」やユニバーサル上映会「この世界の片隅に」でユニバーサルデザインの考え方や取組について、市民の皆様に身近に感じていただきます。
これからも、すべての人にとってできる限り生活しやすい社会環境の整備を推進してまいります。