門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.21
「2018京都・ミスきもの」オーディション!優雅なきものがお似合い、そして知的で素敵な笑顔が印象的です。外見的な美しさだけではなく、茶道、着物の文化をはじめ京都ならではの文化、幅広い教養、精神面を重視され研修を重ねられての選出。166人ものご応募からミスきものに4人が、準ミスきものに16人を任命!

和装振興と観光都市・京都をPRするため毎年実施されている「京都きものオーディション」。今年は、平田あさ美さん、森美咲さん、坂元美友さん、谷村栞里さんの4人がミスきものに!
きものをはじめとする伝統文化・産業は、世界から注目の的。しかし産業としては厳しい状況です。理念を明確に、茶道や華道をはじめ京都に伝わる日本文化を研鑽され、和装振興はもとより、文化大使としてのご活躍、心強い限りです。開催委員会会長 高田啓史 京都織物卸商業組合副理事長、市田ひろみ先生はじめ、選考委員の皆様のご尽力に敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ