門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.27
世界文化自由都市・京都ならではの取組です!地域に根付いた多文化共生のまちづくり「京都市多文化施策審議会」座長 浜田麻里 京大教授らから報告・提言を頂戴しました。

外国籍や、外国にルーツを持つ日本国籍を持つ市民の皆さんのまちづくり・市政参加の推進と、共に生きる社会を構築するためにご審議。委員の皆さん自らの体験や現場に根差した実践な活動など審議会運営も創造的に。「多分化・多世代の人たちが交流する機会を広げるとともに、多分化共生の担い手育成に取り組むこと」「国籍や文化的背景の違いを超えて、多分化理解を深められる取組を充実させること」など、貴重なご提言。浜田 座長、カルドネル委員、安藤委員、マカンタン委員、徐委員、チースロレヴァー委員、山内委員はじめ熱心にご議論いただいた皆さんに深謝。
40周年を迎えた世界文化自由都市宣言の精神、各地の文化事業、食文化やスポーツ、母語に触れる取り組み、学校はじめ地域に根差した多文化共生の取組を、楽しみながら深めていきたい!など話が盛り上りました。引き続き外国籍市民等の方々が暮らしやすく、全ての市民のがご活躍いただける、多文化が息づくまちづくりに取り組んでまいります。


今月の記事

アーカイブ