門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.27
「世界一明るい視覚障がい者」がキャッチコピー!FDA 成澤俊輔 理事長、織田真也 (一社)Your choice代表理事らとじっくり懇談。3/30のキャンパスプラザでのシンポ「多様な生き方・働き方を実現する組織とは」で1部放映します。また、北海道の病院に入院されながらコンピューター音声入力の作業や指導にご献身の新木さんもスカイプでご参画。就業の素晴らしい事例、嬉しいです。

成澤俊輔 理事長は3歳のとき網膜の難病と診断、以後徐々に視力を失い現在は光を感じられるのみに。現在は就業困難者の就労支援と企業のマッチングを手掛けるNPO法人FDAの理事長として、全国でご活躍。9月、龍谷大学の学生さんたちを中心としたチーム・ノーマイライゼーションご主催、京都市ソーシャルイノベーション研究所協力の「働き方を変えることは生き方を考えること」シンポで対談させて頂きました。キャッチコピーどおりの、朗らかなお人柄とバイタリティ、仕事哲学に感銘。
本日は、ソーシャルイノベーション研究所のキュレーター・秋葉芳江さん、田中慎さんも交え対談。一昨年4月障害者差別解消法が施行。不当な差別の解消に向けた大きな一歩が踏み出されました。また昨年は「働き方改革」元年とも言われる中、成澤理事長らを先頭に「“多様性”で稼ぐ仕組みづくり」として民間主導で多様性を受け入れ企業経営に生かす取組を進めておられます。こうした意義深いお取組は心強い限り。また、「大丈夫、働けます!」素晴らしい著書を頂きました。早速拝読します。深謝。人間を大切にする京都ならではの働き方改革!ソーシャルビジネスの振興、誰もが活き活きと働ける環境づくりに全力で取り組んでいくことを改めて決意し
ました。なお、織田真也さんと初めてお話しし、感激!31歳、市立下鴨中学校から堀川高校に。そして京都大学を卒業後、ベンチャー企業の立ち上げ、京都市のアステム等と連携しバリバリご活躍。一つの目処がついた時に、成澤さんと出逢われ一緒にご活躍。志の高い素晴らしい方です。


今月の記事

アーカイブ