門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.04.11
(公財)笹川スポーツ財団の渡邉一利 理事長、熊谷哲 研究主幹・研究調査グループ長らがお越しに。2021年の関西ワールドマスターズゲームズに向けて、ボランティア連携等について懇談

「スポーツ・フォー・エブリワン」を合言葉に、スポーツに関する調査・研究や普及啓発など、多岐にわたる活動を展開されている笹川スポーツ財団。日頃からの志高いご活動に敬意と感謝。渡邉理事長は、スポーツ庁スポーツ審議会やワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会にもご参画。
ワールドマスターズゲームズは、京都・関西・日本の魅力を世界に発信する絶好の機会。出場選手は海外2万人、国内3万人、計5万人とオリパラを超えます。大成功に向け、ボランティアの確保等、更なる連携の深化を誓い合いました。