門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.04.18
「KYOTO GRAPHIE/京都グラフィー」ローレン・グリーンフィールド展@京都新聞印刷工場跡

1977年から2015年まで毎日、輪転機が稼働していた京都新聞印刷工場跡。会場そのものの迫力に圧倒されます。インクの臭いが残るのも素敵です。
この巨大な地下空間に、アメリカの写真家グリーンフィールド氏による、人間の富への欲望を映し出した作品を展示。華美できらびやかな、しかし虚飾に満ちた作品世界と、無機質な会場との対比が見事!欲望に身を任せる人間の悲しさがくっきりと浮かび上がります。現代社会における幸福とは何かを改めて考えさせられました。感謝。