門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.05.26
旬な市政情報トーク エフエム京都、KBS京都。ラジオ2番組

α-STATION エフエム京都ラジオ「C's NAVIGATION MAYOR TALKS☆KYOTO」。DJ川島郁子さんと楽しくトーク。KBS京都ラジオ「大作・英樹のだいすき☆京都」。羽川英樹さん、アシスタントの、中山奈奈子さんとお届け。
まずは、民泊対策。京都市では、違法民泊は絶対に許さないという決意の下、平成28年7月に全国に先駆けて相談窓口を開設し、約5,000回の現地調査を実施。498件の違法民泊を閉鎖させました。4月からは体制を強化し、専任職員だけでも41名に!。事業者による地域への事前説明、宿泊者に対する騒音、ゴミ出し等のルール遵守の徹底、緊急時の10分以内の駆け付け要件など、国の法律の限界に挑戦して京都市独自の厳格なルールを設定!引き続き、違法民泊を根絶し、民泊が安心安全で地域と調和した、京都らしい質の高い観光に貢献する施設となるよう、全力で取り組んでまいります。 次いで、ごみ減量の取り組みについて。昨年度のごみ量は、平成12年度(ピーク時)の82万トンから半分の41万トンに。市民1人1日当たりの家庭ごみ量は、20政令市で最も少ない402グラムに。ものを大切にし、少しでも長く使うといった「しまつのこころ」を大切にする市民の皆さんの尊い実践に感謝。しかし、目標の39万トンの実現には更なる努力が必要!紙ごみの分別や食品ロス削減の徹底など、市民ぐるみの取り組みを推進します。
また、過去最大の1,237人の受入れ枠を確保し、5年連続待機児童ゼロを達成した子育て支援についてもお話しさせていただきました。いつもながら、両番組とも楽しいトークで盛り上がりました。