門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.27
犯罪被害者の心に寄り添う尊いご活動に心から敬意と感謝。京都犯罪被害者支援センター20周年記念式典、京都市もしっかり頑張ります。

電話や面接での相談等を通じ、犯罪の被害に遭われた方やご家族、ご遺族の悩みの解決や心のケアを支援し、社会全体でサポートする環境づくりを進めてこられた京都犯罪被害者支援センター。京都市では、「犯罪被害者等支援条例」に基づき、平成23年にセンターに総合相談窓口を設置。以来、5,600件に上る相談に対応され、裁判の傍聴への付き添いなど2,300件を超える直接支援も行ってこられました。大谷實 代表をはじめ、関係者の皆さんの志高いご活動に改めて感銘。また、設立以来、賛助会員としてセンターを支援してこられた企業や団体の皆さんに敬意。
今後とも、西脇 府知事と手を携え、ボランティアや関係機関とも連携し、社会全体で犯罪被害者を支えるための取り組みを推進することを肝に銘じました。