門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.06.12
関西電力㈱の井上 京都支社長、6/27付で京都支社長に就任される津田 需給企画担当室長がお越しに。じっくり懇談

明治24年に日本初の事業用水力発電所として開業した蹴上発電所。もともと京都市電気局のものでしたが、戦時中の電力統制令により関西電力に統合されました。1月には、明治150年キックオフイベントに合わせ、関電のご協力で蹴上発電所の特別見学会を開催。また、先斗町の無電柱化事業でも、機器のコンパクト化等ご尽力。
東日本大震災以来、京都市は市会の議決も踏まえ、一貫して「原発に依存しない持続可能なエネルギー社会」の実現を関電の株主総会等で提案。引き続き、中長期的な脱原発依存、安心安全の確保、省エネ、再エネ、創エネの普及拡大に向けて、市民の皆さんと共に粘り強く取り組んでまいります。