門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.06.13
京都ならではの造園と、街路樹や公園樹の育成管理などまちの緑化にもご尽力!京都造園建設業協会総会・研修会でご挨拶

京都市では、都市の緑化や美しい街路樹づくりに全力投球。紅葉と落ち葉対策の両立を目指した街路樹の二段階剪定は、皆さんの高い技術と豊富な経験があってこそ。この間、「道路の森づくり」や「花の道づくり」など緑の景観づくりにご貢献いただき、2月には中央斎場への進入路「野辺送りの道」の雑木除伐・道路清掃、3月には宝が池公園の樹木の剪定・伐採に多大のご尽力。また、集中的に降った雨を一時的に貯留し、徐々に地下に浸透させ、降雨時の雨水の急激な流出を抑える施設「雨庭」など雨に強いまちづくりに向けたお取組にもご協力いただき、4月には堀川四条に京都市の道路で初めての「雨庭」が完成!加藤大貴 新会長、野間秀行 前会長はじめ皆さんに敬意と感謝。
これからも共々に、市民ぐるみで緑化、災害に強いまちづくりを推進します。