門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.06.26
ブータンからのお客様!青年海外協力隊としてブータン王国に派遣、ご活躍中の森 教諭(市立新町小)が一時帰国され、JICA関西 西野所長、長谷川 京都デスク、スポーツ庁の事業で保健体育指導法カリキュラム改訂を目的に来日のブータン・パロ教育大学の4名の教員の皆さん、日本スポーツ振興センター 木村さん、原田さんと共にお越しに。信頼で世界をつなぐ尊い活動に改めて感銘!

国際貢献活動で得られた経験は貴重な財産!そこで京都市では、国公私立学校の現職教員をJICAボランティアとして海外派遣する制度で平成13年度以降22名を派遣。また海外協力隊に参加された方の就職が難しいと聞き、教育長時代の平成16年度から教員に採用枠を設定。更に、市長就任後、平成20年度から職員にも枠を拡大。この間、教員45名、職員34名が採用され素晴らしいご活躍!
森教諭は、スポーツ庁の事業にも外部メンバーとして参画し、日本とブータンの保健体育教育の架け橋に!京都で進めてきた地域ぐるみの教育実践がブータンの教育環境向上のお役に立てることは嬉しい限り。皆さんに敬意と感謝。益々のご活躍を祈念!