門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.04
京都の今と未来を見つめ、世界を視野に!徹底的な政策の融合により、しなやかで強靭、持続可能な都市へ!第1回京都創生総合戦略・レジリエンス・SDGs推進本部会議

災害対応のみならず、人口減少や地域コミュニティの希薄化、持続可能な社会の維持などあらゆる危機管理の課題において、しなやかな強さ、復元力・回復力、強靭さを意味するレジリエンス。京都市では、藤田裕之CROを先頭に「京都市レジリエンス戦略」の策定に向け全庁的な議論を加速させてきたところ。改めて、都市のあらゆる危機への対応・克服という観点で横串を刺し、総合的・横断的に取り組むことが重要!同時に、持続可能な社会に向け、国連のSDGsの達成にも貢献していく必要があります。
そこで、京都創生総合戦略、SDGsとの政策の融合を図り、レジリエンス戦略の策定を一層スピード感を持って進めるため、従来のレジリエンス戦略会議を政策融合型会議へと進化!全局区長出席の下、第1回会議を開催しました。
私からは、組織の枠を越えて所管業務を総点検・深堀りし、更なる政策の融合を図るとともに、レジリエンス戦略の策定と同時に実行に移せるよう、並行して準備を進めるよう指示。京都が誇る地域力・市民力・文化力を最大限に生かし切り、世界最高水準のしなやかで強靭、持続可能な都市を目指してまいります。