門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.06
京都・パリ友情盟約締結60周年記念シンポジウム「衣食住から観る京都・パリ 有為転変」~防災服の上から着物を着て駆け付けました。持続可能な都市づくりに向けた政策合意、商工会議所友好30周年記念の「知恵ビジネスメッセin Paris」をはじめパリでの記念事業は大成功!両市の固い絆を改めて実感!成果を市民の皆さんとしっかり共有し、更なる文化交流の促進へ!。豪雨の影響か、一時、停電!ハンドマイクを使って話しました。厳しい状況の中、多くのご参加、深謝。

ANAクラウンプラザホテルのご主催、京都市が共催。60周年を盛り上げていただき嬉しい限り。中山栄次郎 社長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。
シンポジウムでは、門上武司 あまから手帖編集顧問をコーディネーターに、建築家の竹山聖 京大教授、木の婦主人の高橋拓児さん、京繍工芸士の長艸 敏明さんと、衣食住を中心とした暮らしの文化の観点から、京都とパリの類似点や相違点など語り合いました。
京都市には、フランス総領事館、アンスティチュ・フランセ関西、ヴィラ九条山、京都国際フランス学園などフランスの文化施設や教育機関が集中。文化を機軸に更なる交流促進へ、皆さんと共々にパリ、フランスとの絆を深めてまいります。