門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.07.20
石巻市から亀山紘 市長がお越しに。京都市からこの間、34人の職員を派遣し大活躍。感謝の言葉。想像を絶する被害から、力強い復興へのお取り組み。しかし、まだまだ道半ば。今後も継続的な支援をお約束しました。

東日本大震災から7年。石巻市では「最大の被災都市から世界の復興モデル都市」を目指して懸命なお取り組み。私も何度も被災地を訪問し、復興に向けた力強い歩みを実感しましたが、同時に、まだまだ道半ばであることも再認識したところ。息の長い支援が必要です。
この間、石巻市には、延べ34名の職員を1年~3年単位で長期派遣。現在も4名の職員が、現地で道路施設や下水道施設の復旧に係る設計施工監理、仮設住宅の運営管理などに従事。亀山市長から、京都市職員の頑張りに多くの市民の皆さんが感謝されていると伺い、心強い限り。引き続き、京都市の総力を結集して支援を続けてまいります。


今月の記事

アーカイブ