門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.22
横山大観の生誕150年、没後60年を記念した回顧展に伺いました@京都国立近代美術館

日本一長い40メートル超の画巻「生々流転」(重要文化財)をはじめとする代表作に加え、新出作品や習作なども含めて素晴らしい作品の数々を拝見。明治期に京都に創設された日本初の画学校(現在の市立銅駝美術工芸高校、市立芸術大学)でも教員として指導されていた大観先生。日本画の伝統的な技法を継承しつつも、深い精神性を内在した創造性豊かな作品に感服です。