門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.10.01
来春採用予定の14名を「前倒し」で本日採用。京都市職員は志願者が近年激増!難関を突破しての輝く若い方々を歓迎!熱意が伝わり心強いです!

新規採用職員には若い感性と市民感覚を大切に改革のうねりを!とお話しし、京都らしい働き方改革の推進や風通しの良い職場づくりなどをお願いしました。
学生優位の「超売り手市場」が続き、自治体においても新規採用者の獲得に苦戦を強いられる中、京都市では今年度、前年より200人以上多い1,753名の方が受験。狭き門をくぐり抜け、見事161名の方が合格されました。民間企業志望者にも受けやすい人物重視の「京都方式」試験の実施に加え、30年度試験からは受験資格年齢を引き上げて門戸を更に広げたほか、採用ガイダンスやインターネットを通じた広報活動も積極的に展開!
近年、「働きたいまち」として高く評価いただき、グローバル企業の進出も相次ぐ京都。「京都市職員として働きたい!」という強い意思を持った方々をお待ちしています。
h