門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.08.10
地域の皆さんと共に公共交通を便利に!。公共交通機関の積極的な利用を促す「モビリティ・マネジメント」に10年間にわたりご献身!市バス70号系統の利用者が4倍に!そして黒字化!南太秦学区 高岡宏行会長が活動報告書をお持ちくださいました。地域ぐるみでの志高いご活動に心から敬意。今後とも共々に!

地域の皆さんの要望を踏まえ、市バス70号系統は、平成20年の地下鉄東西線太秦天神川駅への延伸に合わせたダイヤ改正時に新設した系統。地下鉄「太秦天神川駅」と阪急「桂駅」・JR「桂川駅」とを結んでいます。当初は赤字、しかし路線の維持には黒字化が重要。70号系統の継続と利便性の向上へ!そのためには地域住民の利用促進が要!利用促進のため、沿線の南太秦自治連合会が主体となり、右京区役所、文化市民局、交通局等が連携し、地域主導で「モビリティ・マネジメント」の取り組みを継続。27年度には黒字路線化!利用者はスタートした平成19年度の1日平均480人から、28年度には1,800人以上に!この取り組みが高く評価され、近畿運輸局長表彰もご受賞。
「地域の足は地域で守り育てる」という高い志に頭が下がります。高岡会長は今年度から市政協力委員連絡協議会の代表副幹事もお務め。これからも共々に、京都が誇る地域力・人間力をいかしたまちづくりを進めてまいります。


今月の記事

アーカイブ