門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.08.17
浄土真宗本願寺派(西本願寺)の石上智康 総長がお越しに。龍谷大学の理事長もお務め。長いご縁の産経新聞 渡部裕明 論説委員もご一緒に。機能強化した文化庁の京都への全面的移転を見据え、日本の精神文化の拠点都市・京都が果たすべき役割についてご意見拝聴、意見交換。意気投合。著書「生きて死ぬ力」を頂戴しました。道徳の教科書でも取り上げられてます。深い内容を、美しい文章で分かりやすく!早速拝読。深謝。白川了信部長、安川由美子課長もご一緒いただきました。

西本願寺さんには、毎年、納涼盆踊り、お煤払い等でお伺い。この間、地域とのつながりを大切にされるご姿勢に感銘を受けたところ。「下京・京都駅前サマーフェスタ」をはじめ京都市との連携も深めていただき、京都のまちづくりに多大のご協力。心から敬意と感謝。
文化庁移転を契機に、京都の奥深い精神文化の発信力強化を!そのために、宗教界の方々との連携は極めて重要。これからも文化都市・宗教都市である京都が大切にしてきた精神文化を広く発信し、地方創生、こころの創生に取り組むとともに、世界平和に貢献することを改めて決意。深謝。