門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.08.17
素晴らしく進化し、2年ぶりに開催!世界遺産・下鴨神社「糺の森の光の祭」(9/2迄)オープニング。悠久の歴史、自然の森、祈りの世界に、最先端のテクノロジー!歴史・伝統・自然が融合したアート空間に感動!

糺の森や参道を照らす光や楼門、境内を漂う球体が呼吸をするように明滅。人が触れると変化し、周囲にも伝播。息をのむ美しさに感激!開催にご尽力の下鴨神社 新木直人 宮司、チームラボ㈱ 猪子寿之代表、奥田直幸 実行委員長、ご臨席の下鴨神社ラグビー第一蹴の地顕彰会 坂田会長をはじめ関係者の皆さんに敬意と感謝。
深い祈りの下、脈々と受け継がれる「葵祭」をはじめ、京都が誇る歴史、伝統、精神文化を継承される下鴨神社。昨年は、西日本のラグビー発祥「第一蹴の地」として、蹴鞠(1300年の伝統で日本のフットボールの源流とも!)の披露や、大会の成功祈願など、来年に迫ったラグビーW杯の組合せ抽選会の成功にも多大のご貢献。
皆さんと共々に、京都が誇る奥深い精神文化をしっかりと未来へ引き継ぐとともに、伝統と革新の融合による新たな文化の創造にも挑戦してまいります。