門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.10.27
第22回全国病院広報研究大会でご挨拶@聖護院御殿荘光淳。病院の広報・情報公開の向上に取り組まれる(NPO)HIS研究センターのご主催。センター発祥の地・京都での18年ぶりの全国大会開催は嬉しい限り!尊いご活動に心から敬意。

石田章一代表は、子どもが1歳で事故に遭われ、救急車で数軒の病院を回った末に亡くなられた痛ましいご経験から、各病院が診療内容や特色などを広く正確に伝える「病院広報」の普及・発展にご献身。「人々のお役に立とうという使命感(Hospitality Mind)」「自らの明らかにして生きるチカラ(Identity Management)」「生き生きとした関わり合いと協働(System Strategy)」の「HIS」を提唱され、32年前に有志で団体を立ち上げられて以来、研修や事例報告会の開催、病院の広報・情報公開を評価する「はとはあと」など精力的な活動をご展開。高い志に頭が下がります。
大会のテーマは「病院広報が育むヘルスリテラシーと健康社会」。京都市でも、誰もが末永く安心して健やかに暮らせる「健康長寿のまち・京都」の実現に向け、「健康長寿のまち・京都いきいきアプリ」などさまざまな取り組みを展開しているところ。皆さんのご活動は心強い限り!石田代表はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ