門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.12.10
宜野湾市 嘉数の丘の「京都の塔」へ参拝。1945年春、苛烈を極めた沖縄戦で、京都出身の2,536名もの方々が尊い命を失われ、343名の地域住民の方々も犠牲に。亡くなられた方々の慰霊と世界の恒久平和を願い、京都府沖縄戦没者慰霊塔奉賛会の皆さんが建立された「京都の塔」。今日は京都府神道政治連盟の梶本部長らが丁度、慰霊祭をご開催。寺田議長もご一緒に参拝させていただきました。二度と戦争をしてはならない、平和の尊さと戦争の悲惨さを語り継ぎ、決して風化させてはならない、と改めて胸に刻みました。経済同友会にお誘いいただいた沖縄出張と、神社のリーダーの皆さんによる慰霊祭が偶然に日時が重なり有難い機会を頂き深謝。

今日の平和と繁栄は、多くの先人の方々の尊い犠牲と筆舌に尽くしがたいご努力の下に成り立っていることを痛感。平和を願い、文化を基軸としたまちづくりを進めることで、世界各地での絶え間ない紛争、環境破壊、格差など山積する課題解決に貢献し、世界平和と全ての人々の安寧、幸せのため、市民の皆さんと共々に努力を重ねてまいります。