門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.01.24
続いて、第101回関西広域連合委員会に出席。同志社大の新川先生を座長に議論いただいている「広域行政のあり方」について、中間の報告と意見交換。8年の歩みの成果と課題、将来像など率直な議論。また、「関西防災・減災プラン(原子力災害対策編)」や「関西広域産業ビジョン」の改訂について協議。 広域連合の更なる強化・進化に向けては、構成府県市がそれぞれの責任をしっかりと果たしたうえで、民間も含めて役割分担・連携しながら、事業を精選していくことが肝要。住民に最も身近な基礎自治体である指定都市として、広域連合における役割をしっかりと果たしいくことを改めて決意。


今月の記事

アーカイブ