門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.01.28
市立工学院高生(洛陽工、伏見工が統合して誕生)が伏見区の七瀬川・河川工事の完成図を最先端の3D-VRで作成!地元説明会でもご活躍!整備後のイメージを立体的に確認できると地元の皆さんにも大好評!

本日、作成された今井聖さん、高井遼太さん、柳田教貴さん、木平恵輔さん、松下昌丞さん、山下夢来生さんが校長先生らと共にお越しいただきプレゼン。私も寺田議長らと共に拝見。実践に根差した学びの成果に感激!工学院高の輝かしい前進を改めて実感し、頼もしい限り!生徒の皆さん、砂田校長、尾崎教頭、大下先生はじめ教職員の皆さんに敬意と感謝。
伏見区を東西に流れる七瀬川の治水能力向上のため実施している河川改修の一環として、増水時に一時的に水を貯留し、平常時には憩いの場としても活用できる遊水池を設計中。地域の皆さんへの説明に当たり、工学院高校の生徒さんが作成した最先端のVR(バーチャルリアリティ)を活用し、「分かりやすい」と大好評!
完成したVRは、権威ある民間のコンテストでも入賞。また、本日お越しの皆さんの中には、京都市への採用が内定している方も。心強い限り!皆さんの益々のご活躍を祈念!


今月の記事

アーカイブ