門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.26
子どもを地域の宝として大切に育む「はぐくみ文化」の実践・発信を!「京都はぐくみネットワーク」幹事会。122団体が参画!素晴らしい実践の交流!参画団体の困難な課題を抱えた子ども、ご家庭に、子ども、若者に寄り添った実践に頭が下がります。久保川芳弘 幹事長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

「人づくり21世紀委員会」と「京都こどもネットワーク連絡会議」が融合し、子どもや若者を応援する市民団体として発足した「京都はぐくみネットワーク」。子どもたちの豊かな成長を支える志と行動の輪が広がっています。
京都市では昨年、保育所の新設、増改築、小規模保育事業の新設等により受入れ枠を確保し、5年連続待機児童ゼロ(学童保育は7年連続)を達成!また文科省の学力テストで京都市立小学生が20政令市で1位になるなど地域ぐるみの教育改革が前進!一方で虐待など深刻な課題も。虐待防止へ16人の人員増員の体制強化を含む京都市の体制強化と共に、市民ぐるみなはぐくみ文化を重視し引き続き、皆さんと共々に「子育て・教育環境日本一」のまちづくりに邁進します。