門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.05.15
祝、京都ならではのお蕎麦、おうどん屋さん!京都府麺類飲食業協同組合60周年記念式典・祝賀会。美味しいおそばやおうどんで京の豊かな食文化を支え、食の安心安全にも多大なご貢献!三嶋吉晴 理事長(有喜屋三代目店主)はじめ皆さんに心から敬意と感謝。

現在、京都市内を中心にそば屋さん・うどん屋さんが186軒ご加盟。研修会や勉強会を重ねられ、地域イベントや福祉施設への訪問など地域貢献活動も積極的にご展開。また、昨年の食品衛生法の改正により、HACCP(ハサップ:原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、特に重要な工程を管理する衛生管理の手法)方式による事業者の自主衛生管理が求められる中、食品衛生知識の普及・向上にも多大なご貢献。頭が下がります。インバウンド対応にもご熱意!
和食のユネスコ無形文化遺産登録から5年。一昨年には文化芸術基本法が改正施行され、生活文化として食文化が明記。京都市でも、市独自の無形文化遺産への「京の食文化」の認定、「食育指導員」の創設と食育、学校給食での和食献立充実、更に中央市場の再整備など、食文化の継承と振興を市民ぐるみで推進中!引き続き、皆さんと共々に努力してまいります。