門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.06.10
京都発イノベーションの加速を確信!㈱フェニクシー の異業種連携インキュベータ「toberu」キックオフミーティング。9人の第1期フェロー のプレゼン、最高!堀場厚 堀場製作所会長、山極壽一 京大総長、鷲田清一 前市立芸大学長、赤松玉女 市立芸大学長はじめ錚々たる方々もご参加。第1期生は、吉村祐一さん(NISSHA)、小泉美子さん(ダイキン工業)、川谷篤史さん(東京海上ホールディングス)、猪俣壮太郎さん(富士フイルム)、土井秀高さん(味の素)、唐子征久(オムロン)、藤井芳郎さん(NISSHA)、凌霄さん(富士フイルム)、田山恭平さん(三菱ケミカル)。それぞれ社会課題の解決を目指し、事業化への道筋を見据えた熱いプレゼン!志高い素敵な方々との創造的な交流のひと時。皆さんに深謝。

左京区吉田に開設された「toberu」は、地域の町並み景観に調和し、大勢で賑やかに集まれる場、少人数で集中したミーティングを行えるスペース、ゆったりとした日常生活を行える空間など多彩な機能を備え、3箇所の坪庭も素敵!ライブラリの図書は、鷲田清一さんをはじめ、錚々たる方々が選書。創造的な交流を生みだす仕掛けが随所に!
4カ月間のプログラムでは、異業種の仲間と共同生活を送りながらの交流、起業成功者やメンターによる専門的なサポート、投資家とのネットワークなど、起業に向け横断的に支援。こうした活動を通じ、京都のまち全体が、緩やかな連携の中で起業家や新規事業を育む場「エコシステム」へ!とのご構想。
シリコンバレーをはじめ海外のスタートアップ先進地域の仕組みを、日本にいち早く導入する場として京都を選んでいただき、嬉しい限り。京都市もしっかり連携し、社会課題解決につながるイノベーション創出へ!共々に頑張ることを改めて決意。