門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.06.13
地域において、人々の為に長年、ご献身!頭が下がります。京都が誇る「地域力」「市民力」を象徴!京都市市民憲章 推進者表彰式典。226名・10団体の皆さんに心から敬意と感謝。

わたくしたち京都市民は、「美しいまちをきずきましょう。」「清潔な環境をつくりましょう。」「良い風習をそだてましょう。」「文化財の愛護につとめましょう。」「旅行者をあたたかくむかえましょう。」1956年に制定された「市民憲章」。「自分たちのまちは自分たちでよくしよう」という京都ならではの自治の精神の象徴として、今も輝き続けています。京都市が「誰ひとり取り残さない」持続可能な社会を目指すSDGsの取り組みにおいて日本一!との高い評価!その根底は市民力、地域力!改めて市民憲章と実践の歴史の偉大さを実感。
本日は、地域の美化や環境保護、福祉、子どもの見守り、子育て支援、スポーツ振興、安心安全、伝統文化の継承などに率先行動いただいている皆さんを表彰。高い志と実践に敬意と感謝。