門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.07.15
「創造社会の都市と農村~SDGsへの文化政策」読み応えのある本!創造力を刺激!。文化庁の京都移転決定にも多大なご尽力!佐々木雅幸先生の古希出版記念パーティー。佐々木先生と、大南信也先生、金野幸雄先生との鼎談。宮本憲一先生、池上惇先生のご挨拶も含蓄があります。

文化経済、都市経済学の研究者で、日本の「創造都市研究」の第一人者として幅広く国内外でご活躍の佐々木応雅幸 先生。文化庁の文化芸術創造都市振興室長、地域文化創生本部主任研究官を歴任され、文化庁の京都移転を力強く推進。予てから懇意にさせていただき、市の文化政策推進に大きな知恵、お力を頂いてます。
この度、古希を記念して「創造社会の都市と農村 SDGsへの文化政策」を教え子の皆さんらと共にご出版。SDGsを念頭に経済・社会・環境問題を包括的にとらえ、創造性とイノベーションを発揮しながら地域課題の解決、包摂性のある社会へと取り組む試みにについて研究・論考されており、改めて先生のご慧眼と先見性に感銘。
2021年度中に機能強化して京都へ全面的に移転する文化庁としっかり連携して、文化を基軸とした京都市の都市経営を更に深化させ、創造都市へ!更に、創造都市ネットワークで、文化の力で日本を元気に!引き続き佐々木先生のご指導をよろしくお願いします。


今月の記事

アーカイブ