門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.07.15
創始1150年の祇園祭で「ごみゼロ大作戦」!出発式で激励とお礼のご挨拶。烏丸通などのエコステーションを順にお訪ねし、激励。京都はもとより全国からお越しの2200人のボランティアの皆さんに深謝!祇園祭から深刻なプラスチック問題にも先進的に取り組みます。

祇園祭を京都議定書誕生の地、環境先進都市・京都にふさわしい祭りにしよう!一方、飲食の使い捨て容器が大半を占める大量のごみが課題に。そのゴミをゼロにしようと、京都市民の皆さん、全国からお集まりの2,200人ものボランティアの皆さんが大活躍し、リユース食器の利用等に取り組む「エコ屋台村」や「エコステーション」を設営。消防団はじめ地域の皆さんのご活躍も心強い限り。祇園祭のごみの量は、6年前の57トンから昨年 34トン、4割減に!敬意と感謝。昨年から大阪の天神祭でもごみゼロ大作戦を実施されるなど、行動の輪が全国に広がりつつあり、嬉しい限り!しかし、これからが大事です。
伝統的に日本に息づく「もったいない、始末の心」を、京都が誇る祇園祭から発信し、ごみを出さない(リデュース)、繰り返し使う(リユース)の2Rの実践の輪を全国、世界へ!「つくる責任、つかう責任」など国連のSDGsにも貢献してまいります!