門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.07.30
指定都市市長会議出席のため早朝から東京へ。先ずは、石田真敏総務大臣はじめ総務省の幹部の皆さんとの協議の場。指定都市の要望をしっかり伝えて協議。特に地方自治体の持続可能な財政の確立へ提言、意見交換

石田総務大臣、総務省幹部の方々との率直な意見交換。多様な大都市制度の早期実現、大都市税源の拡充強化や地方交付税の必要額確保、Society5.0の実現に向けた取組推進、地方公務員の定年延長の課題、選挙制度等について、国の的確な対応を要請。私からも、指定都市の厳しい財政状況を説明し、必要な対処を要請。人口減少・少子高齢化が急速に進展し、デジタル化等で経済社会の有り様が大きく変化していく中で、圏域の中枢である指定都市がその能力を十分に発揮できるよう、一層の国の理解を求めました。