門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.08.28
「誰ひとり取り残さない」共生社会の実現へ!京家連(京都精神保健福祉推進家族会連合会)四方八洲男 会長、野地芳雄 顧問、静 津由子副会長、坂井隆雄副会長、小森公明専務、橋本誠一事務局長さんと懇談。老朽化が著しい事務所の移転への協力など切実なご要望をお聞きしました。京都市として真摯に受け止め、皆さんと相談して、できる限り協力してまいります。

精神に障害のある方への偏見も根強かった1962年、全国に先駆けて設立された「京家連」。2年後の全国組織結成の原動力に。地域や施設、病院ごとの家族会の結成、障害のある方の自立支援、またご家族が「障害を受容」するための交流や学習など、懸命の努力を重ねてこられました。尊い志と実践に心から敬意。
障害のある方もない方も、いきいきと活動しながら相互に支えあい、安心して暮らせる持続可能なまちづくりに全力を尽くす決意を新たに。


今月の記事

アーカイブ