門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.08.30
会場は地域福祉にご献身のリーダーの方々で満席!お一人お一人のお顔を拝見して頭が下がる思いです。地域福祉の両輪、社会福祉協議会と民生児童委員連盟の合同研修「地域福祉推進セミナー」。6回目の今年、テーマは「一人ひとりが地域の中で尊重される福祉のまちづくり 「気づき・つなぎ・支える」力の向上を目指して」。社協 小石玖三主 会長、村井信夫 顧問、民生委員 松永洋子 会長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。京都市の担当の局長、区長、部長、担当者らも共に学びます。

社協委員と民生児童委員の地域での更なる連携強化で、社会的孤立を防ぎ、児童虐待や高齢者の孤独、災害時の要援護者支援等に貢献しようと合同の「地域福祉推進セミナー」を開催。様々な困りごとを抱えた方々に寄り添い、地道な見守り活動に献身されている皆さんに改めて心から敬意。
これからも皆さんと共々に地域福祉の推進に全力投球し、「誰ひとり取り残さない」国連のSDGsの達成にも貢献してまいります。