門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.08.31
誰もが安心して歩ける街・KYOから未来へ!第53回白杖安全デー「視覚障害者の交通安全を考えるつどい」京都駅前地下街 ポルタの全面的なご協力に感謝。視覚障害者協会 田尻彰 会長、京都ライトハウス 瀧本章 理事長はじめ皆さんの志高いお取り組みに敬意。白い杖や盲導犬を使っている人に「何かお役に立てますか!?」とお声掛けを!

視覚障害のある方が外出する際に大きな助けとなる「声かけ」の重要性を広く周知する「白杖安全デー」。障害のある人も、ない人も、誰もが安心して歩けるまちづくりを願うつどい。
白杖を見たときは自然に声かけを!少しの気遣いや、さりげない行動の輪が広がれば、「誰もが歩きやすく、人にやさしい安心して暮らせるまち」の更なる推進につながります!今後とも、「障害のある人もない人も、違いを認め合い、支えあうまち」の実現に向けて市民ぐるみで全力を尽くし、「誰一人取り残さない」国連のSDGsの達成にも貢献してまいります。


今月の記事

アーカイブ