門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.09.01
ICOM(国際博物館会議)京都大会 レセプション1部 秋篠宮皇嗣殿下、同妃殿下のご臨席を仰ぎ、永岡桂子文科副大臣、佐藤章内閣府副大臣、宮田亮平文化庁長官等のご参加の下に、厳かに、和やかに開催。両殿下との交流をスアイ・アクソイICOM会長はじめ世界からお越しの博物館のリーダーの皆さんが喜ばました。引き続き、第2部も永岡文科副大臣、宮田長官も臨席頂き、極めて有意義な意見交換の場でに。本日は、朝から諮問協議会や委員長会議が開催され、明日の開会式から本格的なプログラムがスタート!会議には、世界115カ国・地域から予定を大きく上回る4,200人がご参加!京都の魅力を体感いただくツアーも大好評で、多くの予約を頂いてます。実りある会議となることはもちろん、ご参加の皆さんに京都・日本の奥深い文化に触れていただき、多彩な関連行事に多くの市民・府民の皆さんにご参加頂き、実り多い会となることを祈念!

2015年6月、パリでのICOM諮問委員会で圧倒的なご支持をいただき、京都開催が決定してから4年余り。いよいよ開幕の日を迎え、感慨無量でワクワクします。開催に向けご尽力・ご支援いただいた全ての皆さんに心から感謝。
昨年、京都市内での国際会議開催件数は過去最高の349件(5年間で2倍に!)。都市格の向上や経済波及効果につながる国際会議の意義や重要性を改めて実感。ICOMの大成功へ、関係者の皆さんとしっかり連携し、京都市も万全の体制で取り組みます!