門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.09.21
8回目の「京まふ(京都国際マンガ・アニメフェア)」。大変な賑わいです!今年は「×(かける)」をテーマに、69企業・団体が出展!みやこめっせ、京都国際マンガミュージアムに加え、東映太秦映画村も特別会場に!】会場には、京都アニメーションの犠牲者への追悼と支援の義援金の取り組みも。改めて、哀悼の誠を捧げ、負傷された方々のご回復を祈念。 さて、今年は環境問題等にも真っ正面から取り組みます。エコバッグの導入やマイボトル推奨、京まふショップでのレジ袋無料配布の取りやめ等により国連のSDGsや「レジリエンス」が目指す持続可能な社会づくりにも貢献するイベントに! 。みやこめっせはファンの皆さんの熱気に溢れます!出版社、大学、企業、行政等のブースや実に多彩なステージ、新たな漫画家育成へ「マンガ出張編集部」、コスプレなど、大盛り上がり!伝統工芸体験も賑わいます!手塚プロダクション 松谷孝征 社長、㈱トーセ 齋藤茂 社長、(株)KADOKAWA 角川歴彦 会長、京都コンピュータ学院 長谷川亘 理事長、日本動画協会 吉田力雄副理事長 はじめ実行委員会の皆さん、出展者の皆さん、ご来場の皆さん、ご尽力の全ての皆さんに心から敬意と感謝。