門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.09.22
二条城 二の丸御殿台所で、写真家の甲斐扶佐義さんの初回顧展「京都詩情」を甲斐さんのご説明をお聞きしじっくり鑑賞。京都の風景・街中の佇まい!人々の暮らし!ほぼ同じ時代を京都で生きてきた私にとって堪らなく懐かしいです。

約50年の間に撮影された膨大な作品の中から実行委員会が選ばれた150点を5つのテーマ別にご展示。一見何気ない街角の光景を切り取ったモノクロの作品はどこか懐かしく、京都のまち、そしてそこに暮らす人々に対する優しさ(猫に対する優しさも)に満ちた眼差しが感じられます。会場の設えも見事に調和、改めて文化やアートの持つ力を実感。甲斐さん、そしてご尽力の皆さんに深謝。10月6日まで、是非ご覧に!。