門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.10.05
緑あふれるまちづくり、京都・日本の庭園文化の世界への発信など多大なご貢献に感謝!祝、佐野晋一 京都府造園組合 理事長の黄綬褒章受章祝賀会。共に歩んでこられたご令室、「桜守」佐野藤右衛門 会長はじめご家族の皆さんに心から敬意。発起人代表の加藤大貴 京都造園建設業協会会長、造園業界の皆さんや各界のリーダー、議員の先生方も挙ってご出席。盛大に!

天保3(1832)年創業、190年近い伝統を誇る「植藤造園」の社長として、京都・日本はもとより世界で素晴らしい日本庭園の作庭にご尽力。また京都造園建設業協会会長、日本造園建設業協会 京都府支部長などを歴任され、日本庭園の魅力発信や業界の発展に尽力され、また全国に先駆けて「公園樹管理士」資格制度を京都で創設されるなど、担い手育成にもご貢献。
京都市が進める「雨庭(雨水を地中に浸透させ、急激な流出を抑える施設)」や街路樹の整備にもご協力いただき、昨年の台風21号に際しては、昼夜を問わず公園や街路樹の倒木対応にご献身。偉大なご功績に頭が下がります。
引き続き、皆さんと共々に、「緑の文化首都・京都」の実現に向け、緑の豊かさを実感いただけるまちづくりに全力を尽くす決意を新たに。