門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.13
文化と地域コミュニティ、観光との調和・持続的発展へ、「京都モデルを世界で生かす!」「観光」と「文化」で世界の課題解決、SDGsや平和に貢献する「京都宣言」!「国連観光・文化京都会議」が感動的に閉幕。

京都市の「混雑対策「マナーの徹底」「宿泊施設の急増対策~お断り宣言」3つの目標と50の取り組みも高くご評価!@国立京都国際会館。国連世界観光機関(UNWTO)ブトレール上級部長、UNESCOチュウ事務局次長から、西脇知事と共に「京都宣言」を受け取りました。市民生活を最重要視し、地域固有の生活文化の体現者である地域の声を大切に、関係者や行政が一丸となって持続可能な文化観光へ!そのためにも担い手の育成が重要に!さらに、環境や文化遺産、社会に与える潜在的な悪影響を最小限にしながら観光の発展を最大限に引き出すための規範の必要性についても議論され、先ず、京都市で関係者一丸となり研究・実行することも誓い合いました。極めて意義深い会議が京都で開催され、「京都モデル」を世界に発信できたことは光栄であり、関係者の皆さんのご尽力に心から敬意と感謝。来年4月には、「京都コングレス」(国連犯罪防止・刑事司法会議)も開催!「誰ひとり取り残さない」SDGsの達成に向け、これからも京都から世界の課題解決に貢献する創造的なまちづくりに挑戦します!


今月の記事

アーカイブ